読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web就活日記

愛と夢と人生について書きます

Good Product Manager/Bad Product Manager

Product Manager

Good Product Manager/Bad Product Manager はてなブックマーク -
↑は良いProductManagerとそうでないも内容のまとめ。タイトルについつい釣られて読んでしまったので日本語で起こしてみる。良い/悪いの判断なんて周りが決めることで、もし貴方がProductManagerであるならば例え途中で失敗したとしても自身のProductを成長させたいという信念を曲げずにTryしまくればいいと思いますね。

Good
市場,Product, Productの方向性と競合がどのようにうまくやっているかを知り,精通した基礎知識からの判断と信頼が必要。ProdctのCEOである。製品に対する全責任を取り,Productの成功によって自身を評価する。Productと時間と必要なすべてのものに対して責任を持つ。Contextの方向性も知っている,例えば会社,資金調達,競争等。言い訳をせずにこれらの責任を持ち勝ちプランを実行する。良いProductを良いタイミングで届けるために一緒に協力しなければならない様々な組織に対して時間の時間を全部取り上げるようなことはしない。またチームの時間をとるようなことや様々な機能のProject Manageもしない。自身はProduct TeamではなくTeamを管理する。Engineer Managerとのmarketingの窓口担当になる。ターゲットを定義して「何」(方法とは対照的な)を届けるかという管理を行う。Engineerの人たちと口頭と同じように書き込みでもコミュニケーションをする。非定型的な方向性を与えない。情報を非公式に収集する。FAQやプレゼン,説明資料などを作成する。Productの深刻な問題を発見し現実的なsolutionとして構築する。重要な問題から取り掛かる(差別化の銀の弾丸,頑丈な設計選択,厳しいPorductの決断,攻めや収益のための市場)。チームを収益と顧客に集中させる。多大な力と実行力で良いProductを定義する。インバウンド計画と到達する市場シェアと収益の目標の間に優れた価値を提供することを考える。問題の分解に優れている。プレスに扱われたいstoryを考える。プレスに対して質問をする。プレスとアナリストは賢いことを前提としている。自分の仕事と成功を定義する。訓練されているので毎週ステータスレポートを送信する。

Bad
言い訳を沢山持っている。資金調達が充分でない, Engineering Managerが優秀ではない, Microsoftは10倍のEngineering人材がいる, 自分はハードワークしている,方向性を得ていない。方法論について理解することが最善だと思う。Sales強化のために質問が殺到しそれに答えることに対して不満を言う。一日中問題の火消しになる。口頭で自身の意見を述べ、権限が無く何もできないことを嘆く。失敗を想像する。Microsoftがどのような多くの特徴を持っているかに集中させる。実現できないProductを定義したり必要なものを何でもEngineeringさせる。(それは最も困難な問題を解くこと) 価値の提供と競争力のある機能,価格,普遍性の間の差異について混乱する。全ての問題を一つに結びつけてしまう。多くの特徴をカバーと正確な技術をプレスしたいと考える。プレスのどんな質問にも答えてしまう。プレスとアナリストを区別していないく混ざっている。明白な説明を決してしない。常に誰かから何をすべきかを説明されたいと思う。ステータスレポートの送信を忘れてしまう。

スポンサーリンク