読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web就活日記

愛と夢と人生について書きます

AdExchangeとSupply Side Platform(SSP)との違いって何よ?

www.slideshare.net

What is the difference between ad exchanges and supply-side platforms? - Quora はてなブックマーク - What is the difference between ad exchanges and supply-side platforms? - Quora

説明に困るAdExchangeとSSPの違い。ポジションレイヤー的な話だとAdExchangeもSSPともにDSPやADNetworkを束ねてPublisher側に広告を流す仕組みであり、この点だけを述べてしまうとほとんど差異が無いように思われる。また現在に至っては使われ方もほとんど同じと言える。(細かい話だとAdExchangeはDSPを束ねてSSPと接続をする場合もあるがここはあまり意識されない。) Quoraを調べていたら2つの違いについて適切な解答があり、最もupvoteが付いているものを読んでみた。結論としては作られた目的が異なる。AdExchangeは薄利なレムナント在庫を自動管理するもの、SSPは単価の高い広告を適切な在庫に流してPublisherの収益最大化を行う。以下は大体の翻訳。

AdExchangeはStock Exchangeを例としたトランザクションを促進する自動化プラットフォームである。用途としては主にレムナント在庫に使われる。レムナント在庫は余剰在庫なので価値がとても低いから人的なリソースを使わずに売りたい。AdExchangeは薄利なので配信量を多くすること頼っている。SSPは供給サイドのサービスでTechnology Platform/Service/Sales(人)のコンポーネントの組み合わせである。彼らは複雑かつExchangeとは取引をしないような大規模なPublisher,DSP,広告主と関係を保っている。Publisherとしては自身のビジネスに専念できるし、扱いたい広告vendorの数を制限できる。(しかし注意しなければいけないこととしてはPublisherはスーパープレミアムな在庫はSSPに開放せず別途持っていてインハウスのSalesチームにBig Brandとして売らせている。) SSPは広告主の沢山の広告をRealTimeBiddingによって提供するようなInterfaceを持ち、Publisher側の個々のadspotの価値を戦略的に最大化させる。SSPはDMPなどのlayerと接続可能なのでAdExchangeより多くのGross Marginを得ている。(注意しなければいけないことはSSPはAdExchangeより様々な面での高いコストを支払っている。)

Defining SSPs, Ad Exchanges And Rubicon Project | AdExchanger はてなブックマーク - Defining SSPs, Ad Exchanges And Rubicon Project | AdExchanger

上のリンクはAdExchangeとSSPとRubicon Projectの定義。以下は大体の翻訳

AdExchangeとSSPはかつては異なるものであったが段々と区別が困難になりつつあり、補完的な技術は統合されている。SSPが登場した頃、AdExchangeとSSPの違いはAdtech vendorの間ではとても重要な内容だった。デジタル市場の動きがとても速いという理由もあって特徴的な名前付けをする必要があった。SSPとAdExchangeの統合は新しいことではなく、GoogleSSPのAdmeldとDoubleClick AdExchangeを統合している。歴史的な違いとしてはAdExchangeはトランザクションを有効にする一方で、SSPはPublisher側に価格調整機能などの多くのToolを提供してAdExchangeと同じことを行う。長い間様々なPlayerを見ていると、特定の市場空間にいる大体の会社がより優れた顧客サービスをできるようにツールの開発や機能提供を行う。Rubiconは収益最大化を目的としたSSPとしてスタートしたはずが、彼らが十分な在庫を持っていたならば、自然とAdExchangeの機能を統合している。この産業の誰もがmedia platformerであって、全てのPublisherが喜んでいない状況である。SSP,AdExchange,DSPやAdnetworkの統合は周囲(広告主やPublisher)を混乱させる。

スポンサーリンク