Y's note

愛と夢と人生について書きます

高く飛ぼうぜ

www.amazon.co.jp

海外ドラマ シリコンバレーを再度見ている。シリコンバレーとは音楽の著作権を検索するために、データの圧縮アルゴリズムを開発し、仲間と共にPied Piperという会社を起業をする話し。何気ないドラマのシーンやセリフがWebプロダクト開発や起業に携わったことがある人は共感できること多数という感じ。

シリコンバレー (テレビドラマ) - Wikipedia

今日はシーズン1の第1話、実用最小限の製品の中のやり取りで、データ圧縮アルゴリズムを開発したプログラマーでありPied Piperを起業するリチャードとそれを支えるインキュベーターのアーリック会話に注目したい。実現したいことシーズン1の第1話ではリチャードには大手IT会社に数百万ドルで買収されるか自分たちで起業をするかを迷い、勇気のある後者を選択している。

買収されると自身や開発に携わったメンバー、更にはインキュベーターのアーリックも富を得る形になるが、リチャードが自分で起業をするという思いをアーリックや他のメンバーに告げる。その話しを聞いたときのアーリックの発言。直近の富を取るより、ものを創りそれを見届けたいという思いでリチャードの意思に賛同する発言。(ちなみにアーリックは過去にアビアトというプロダクトを売却し富を得ているが、こころのどこかで後悔をしている) その発言を下記に記載。

  • アーリック : 「売らなかったらとかんがえちまう、心残りだ」
  • アーリック : 「だから言うよ お前は俺に似ている」
  • アーリック : 「何かを創り 見届けたいんだ」
  • リチャード : 「即金の100万を蹴っても許す?」
  • アーリック : 「許すどころか ワクワクしている」
  • アーリック : 「高く飛ぼうぜ パートナー」

f:id:yutakikuchi:20201005041758p:plain:w400

起業を選択したリチャードの勇気のある決断、それを勇気づけてくれたアーリック。アーリック最高かよ...。「高く飛ぼうぜ パートナー」このシーンを見ると何度も心を震わせられるので、第1話を是非多くの人に見てほしい。